ウィッグの素材について
2017.04.24

笑顔の女性ウィッグの種類は素材によっても分かれます。
素材は人間の髪の毛を利用した人毛ウィッグ、化学繊維を使った人工毛ウィッグ、人毛と人工毛を一緒に使ったミックスウィッグがあります。

人毛ウィッグは本物の人間の髪の毛なのでその質感はもちろん自然です。
まわりにウィッグだと意識されたくない人には本物の髪の毛なので人毛ウィッグはその点、魅力的でしょう。
部分ウィッグでも、自分の髪の毛となじませやすいです。
髪型も自分の髪の毛のように変更する事ができます。
人毛ウィッグは1本1本手作業で縫い付けられて作られるので人工毛ウィッグと比べるとコストがかかり、高額になります。人工毛ウィッグが今だと数千円で購入できるのに比べて人毛ウィッグは安くても数万円になります。
また人工毛ウィッグに比べてスタイリングが崩れやすいという難点があります。
それと人工毛ウィッグと比べると、色あせしたり、ツヤやハリがなくなってきたり、一度痛むとダメージが広がったりと、耐久性はあまりよくありません。
人毛ウィッグがいい状態で使える寿命は1~2年ぐらいなので、痛んできたらまた買い替えなければいけません。

人工毛ウィッグは人毛ウィッグに比べて今だととても安く購入できます。
ウィッグの通販で人気のある専門店なら2~3,000円ぐらいでもいろいろな商品が販売されています。
デザインやカラーバリエーションも多く、思い切ったイメージチェンジにも人工毛ウィッグなら自分のイメージ通りのデザインが見つかるでしょう。
耐久性も人毛と比べると高く、スタイリングが崩れにくいという長所もあります。難燃性や形状記憶性をプラスしたものもあります。
ただし、人工の製品なので、質感や見た目が人毛ウィッグと比べると不自然になりがちという傾向があります。このあたりは商品によって差があります。自然さを求めた商品だと人工毛ウィッグでも人毛と見分けがつきにくい高い品質のものもあります。

ミックスウィッグは人毛ウィッグと人工毛ウィッグの長所と短所を共に兼ね備えています。
人工毛ウィッグより自然で、人毛ウィッグより耐久性が高くお値段はお手頃です。
しかし逆に人毛ウィッグほどすべて本物の髪の毛というわけではなく、人工毛ウィッグほど高い耐久性にはなっていません。
人毛ウィッグだと少し高額なのでとか、人工毛ウィッグだとやはり質感にもう少し自然さがほしいとか、求めているポイントとの兼ね合いでミックスウィッグを選ぶのもいいでしょう。

▲ ページトップへ