ウィッグの種類について
2017.04.24

綺麗な女性髪型が決まらない、自分でかわいく思えないというのは女性にとって大問題です。美容院でもなかなか理想の髪型にしてもらえない。自分でいろいろやってみてもどうも決まらない。さらに年齢と共に髪のボリュームが減ってしまったり白髪が目立ってきたりと、大人になると若い頃とはまた別の悩みもできてきてしまいます。
そんな時に利用したいのがウィッグの女性用です。今だとウィッグの専門店や通販でとてもたくさんの種類のウィッグがお手頃な価格から手に入ります。たくさんあり過ぎて、どれを選べばいいのかわからないというウィッグ未体験の人も多いでしょう。

ウィッグの種類は長さや素材、自分の使い方で分かれてきます。
まず、自分の使い方。かわいくなりたい、きれいになりたいと一言で言っても、コスプレ的に思い切ったヘアスタイルにするのか、それとも普段の生活でまわりの人にウィッグと意識されないように自然にしたいのか、そういう自分のイメージが人それぞれ違います。
ウィッグのいいところは今だとたくさんの種類が出ているのでそれぞれ自分のイメージしたものが見つかるところです。ウィッグを通販で人気の高い専門店などで探してみましょう。

長さは大きく分けると、頭全体にかぶる全頭用、一般的にフルウィッグと呼ばれるものと、頭の一部分をカバーする部分用、部分ウィッグに分かれます。
フルウィッグの中でもロングヘア、ショートヘアなど、いろいろな長さのものがあります。
自分の髪が短い人がロングウィッグで長くできるのはもちろん、自分の髪が長い人でもウィッグの中にまとめる事ができればショートヘアにする事もできます。
フルウィッグは頭全体にかぶるので普段とは大きくイメージチェンジできます。
ウィッグのスタイリングも決まっているので初心者の人にも簡単に利用できます。

部分ウィッグはメーカーにより、さらにその長さ、ボリューム、つける場所などが細かく分かれています。
自分の髪とウィッグを半々ぐらいに混ぜるハーフウィッグなどは多くのメーカーで出しています。
その他、頭のトップ、ツムジあたりのボリュームを増すもの。前髪につけるもの。ポニーテールやアップスタイルなど、ピンポイントに付け足すものなどもあります。
部分ウィッグは自分がカバーしたい場所にピンポイントにボリュームアップできるので独自のアレンジがいろいろ楽しめます。
部分ウィッグは自分の髪と境目をなじませる事で自然な感じにする事ができます。
髪の長さを長くする付け毛はエクステンションと言いますが、エクステンションも一緒に取り扱っている通販サイトや専門店も少なくありません。

▲ ページトップへ